ツールバーへスキップ

セカンドライフRLVについて

セカンドライフRLVの着衣脱衣についてオープンカラー
を使用しての着衣。脱衣には二通りのやり方があります。Folders
Outfitsの二種類であるが主に使われるのはFoldersとなる。

Folders とはベースに成るアバターに対してカラーやカフを追加したり外したりする機能となります。
服装の場合は予めアバターをセット組み上げておいてそれを外部操作で変更するものとなる。

やり方を理解していればフォルダのやり方でカフや衣服までも外部からの変更が可能になります。
※一度記事の最後まで読んでから実行してください。写真が見にくい場合はクリックで拡大可

 

此処ではRLVを利用してカフと目隠しを装着することを例にしていきます。
(他の洋服Folderは無視)

まず、基本となるアバターは全裸状態とし
最低限のヘッド・ボディ・HUDを装着。その後

#RLV→Foldersの下層にToolという名のフォルダを制作
(任意名で構わないので例えばcuffでもおk)

制作したToolのフォルダ中にの
使用したんいオブジカフェクトをインベントリーかならコピーしてる
Toolにペースト
※この時。使用したいオブジェクト以外はToolに入れないように
今回はカフと目隠しだけ。

(混乱を避けるためにこの写真ではOutfits​フォルダを削除しました)

 

カラーメニューからRLVをクリック

Folderをクリック

 

TOOLをクリック

 

ADDTHISをクリクすると該当のカフが装着される。

※上記は全裸の状態でカフを装着する方法です

次に衣服等の変更について
例として予め着てている服を外部操作で全裸へと脱衣。
もしくは服を変更する場合について

Folderの作り方等は上記と一緒

まず、基本となる全裸ベースのアバターを用意します。
次に#RLVの中に任意のFolderを制作
例としてcamisoleとします

#RLV
→Folders
→→camisole

camisoleのフォルダの中に使用したい衣服をインベントリからコピーして追加

#RLV
Folders
→camisole
→→→XXcamisoleXX(着用したい衣服)

この状態で
全裸状態のアバターに対して
#RLV→Folders →camisole→→XXcamisoleXXのXXcamisoleXXを装着。
その後セカンドライフのメインメニューからアウトフィットを選んで名前をつけて新規保存

これによってRLV操作によりcamisoleを脱衣できるアウトフィットが完成する。

同様な形で衣服フォルダを追加すれば更に衣服の変更ができるようになる。
#RLV
Folders
→camisole
→→→XXcamisoleXX

→→Harness
→→→XXHarnessXX

この用に衣服の追加を行えば衣服の変更は用意であるが
Foldersの下層に作った中には必要最低限のものだけしなければならない。
衣服Folderのかにベースの全裸アバターの要素を入れてはいけないことになる。
(髪・目玉・ヘッド・アルファ・HUDなど)

以上
Foldersを使用した衣服の変更方法とセットの仕方でした。
(•̀ᴗ•́)و ̑̑ぐっ

0